Group Blog
 
All Blogs
 

海軍アカデミーはよく知られている。


海軍アカデミーはよく知られている。

[flys1.jpg]

多くの十代の若者たちとセンターポイントサイアムの中心間の距離は、金曜日の夜の残りを過ごした。 (そして、おそらく残りの作業を行い、私はそれを使用して)私は酸っぱいソフトウェア社を歩いて..私がこれまで以上に鮮明あると思います。
一方で、あなたはバスの外の道路に沿って歩く場合。十代の少年たちは、私たちの周りに見られるかもしれない。しかし制服を着て。年のきちんとした行のようにまっすぐ立っている。
は疑いの兵士が私のI -モノでしょ?のようなもの学生の厳密な意味ではありません
私は!ティーン社会の問題は、自分の好奇心のためにこの喉の渇きを満たしていない。さらに、最後にこのコラムを読んでいれば。多くの人々はそれを信じる..(多分)が知りたいと思ったことはありません。学生はもちろんのグループのフェンス(グレー)、上にある"大胆な"単語"イデオロギー"に感動してされます。

海軍アカデミーはよく知られている。
学校の規律。すべての学生にリーダーシップスキルを教える。離れてから同じ一般的な高等教育を研究し。しかし、軍事の対象となります。一般的な航空機。我々は終わる場合。ここに私の学位の2つです。科学です。とエンジニアリング。それは実際の飛行訓練ではないものの、エンジニアリングサイエンスの2のブランチに分かれて。誰もがここに飛んに関する基礎知識を教えられます。我々は一緒に学校に行かなければならない前に、すべての学生が五年を持って、これら4つの学生は昨年海軍兵学校で彼の2年進学コースを終了、最後の5年間の全体的な1-5(長すぎます.. ...しかし、それは価値があるのです。)



[flys9.jpg]


離れて学年から?


多くのアクティビティがあります。ここにいくつかの良いクラブです。最初の最も主な目的で来ては、これらの学生選手のそれぞれの間の関係を結び付けることです戻ってレースになったが、一部の大学は素晴らしい友人がたくさんあるか。いくつかのクラブや社会の発展に出かけた。学校のキャンプを開発する仕事。ほとんどのクラブが行って喜んでである。固定部材。クラブは、多くの場合、ビーチの音楽での武器でファンシードリル銃を果たすことが示されている。剣。パレードの最後に、世界のこどもの日イベントはWallopのだ。私達はちょうど大隊を送信する必要がある、彼は空気の士官候補生に加わりました。と、特に今年、空軍は前にショーを主催した。毎年今年のイベントの海軍兵学校になります。雰囲気はスポーツ関連ですが、士官候補生ではありません。軍や警察のみ。今年は、授賞式は2546年7月4日以降以来、タマサート大学(シットキャンパス)で開催されます。誰もが興味を持っていますが、これらのハンサムのリークを奨励するなら...(リエゾンエア海軍兵学校大規模で、非常に美しいを開くためにその仕事をしておきます)。


NNAになる方法。
4メートルは、新しい教育システムは、武4は、そのジョブのアプリケーションを取った三年間予備校を持って、翌年までに完了する必要があります。フランツのクライアントのような5人の被験者の検査は、新たな数学、物理学、化学、英語、生物学である、と違いはありません。


毎年の数。
平均年間、100人が18000回以上再生されていると、単一のセントを持っている。さらにその後、最初のラウンドで5科目に合格するために。同様に第二ラウンドへ。体育では、私のシャツをプルアップするために都市を実行すると押し、泳いでいる、と最終面接では、ボディとあった。身体検査と160センチの高さに。


その後の目標は、別の何かをすることです。
パイロット校では、我々は二つの部分を持つことになります。空軍のパイロットの主な部分は直接空気の士官候補生を受け入れます。我々は、約10-15人の毎年恒例の秋とパイロットとして、残りは研究対象の様々な部署に応じて分割される別の航空会社に行かなければならないだろう。



[flys7.jpg]


多くの人々がすでに知っているかもしれませんが、今からでは、多くの人が驚かれること、学校へのアクセス権を持っていることの情報。
特定のシステムが、若い世代に。
ここでは、陸軍士官学校を持っている。私たちは、親が学校の規律を実践する若い世代を制御し、規律をそのまま5年生の学生のためのコマンドの士官候補生の鎖との訓練が機能するようになります。その明らかなのは、伝統的に若い世代ということですが、私はすでに軍隊の定期的なクリーニングとしてそれを尊重する必要があります。ここでは、兵士の生活をシミュレート。モデル年としてランク。行を持っている必要が兵士のラインで。我々は我々のすべてに比べて年間の順序を制御するために人々のキューを持つことになります。しかし、それは学校で良い観客ならいつでも外に持っている必要があります。


それを修復するには。
彼は私が規律を向上させるために呼ばれる。一つは私は通常少し難しい参照してください。ベースの学習とトレーニングが最小限にシニア1年です。それが唯一の命令に従う人々です。我々は、単に最初に訓練する。それは彼らのために良いリーダーになる。我々はより多くを支払うことを始めた二年前に満たされている必要があります。いくつかのアイデアを与える。規律は、年間のいずれかが上級クラスよりも実際に低い場合、我々は直接の監督下に層に層5と、それの世話をする予定です。それは、優れた学生の立場です。例えば、消防指令長は大隊です。艦隊のリーダー。大隊は、そのようになります。そのうちのいくつかは2個大隊、一飛行隊などのカテゴリになります。どちらが課長です。本部長は、この部門の責任者を務めている、除算のための部隊のリーダーとなる両社の責任です。つのカテゴリの世話をするには、2つのセクションがあると仮定します。私は別の大隊長を持っている。




[flys3.jpg]

さらに高い。より多くの権限を持っているのだろうか?

青の他の五ショートのための問題が明らかに存在する。しかし、5階は、あなたの腕と帽子を折る場合、これはレベル4と5、第三は長いですが、帽子が、レイヤ2と1はトレーナーと白ですが、それは長くなりますが、帽子です。繊維はまた、我々は詳細Hmwkehlekのような道です。回り道があったものの、他のクラスのためにのみ5歳の"私たちのための道神聖な丘には、"建物を歩くために権利はありません。


若い世代への承認。
シニアが定義されます。若い世代は、正常に動作している。それは、最初の2つの部分に分かれています。ピリオド2。適正な動作がそれは右の最初のクラスの最初のそのような動きは、単独で実行される取得することです。何それは、最大一致していません。パレードはそれが必須ではないことを示すために前に(例えば、私はオフ)シーンを中心に蹴っている必要があります。何らかの方法でまたは注文。それは、自分自身に対する責任を意味する。あなたは自分自身を尊重すること。それは見てする必要はありません。スーパーバイザーがない。あなたは自分自身に正直である場合。私は国民に正直だった。我々は言うその栄光(I -モノラル、チームはあなたが見たり、背を向けるしない場合でも、上司に相談している間、我々は他の生徒が正直に自分自身の尊厳を尊重した見たと主張する。ルールに準拠)。


ルールは何ですか、それは私が私しないという理にかなって?
最初の層は、この感覚を持つことができます。それはこの時点で(レベル5)時間が話しに来る、それは陽気なジョークだろうとそれは、1年前だと我々は単に理由を理解していないいくつかのこと。しかし、我々は我々が理由ではない知っている五年間です。すべてのアクションは合理的です。子供の頃、私は別の観点を持っている。それはそれのために通りを渡って歩いているようです。子供として、私は理解していない。なぜ大人たちは何をすべきかを知っているので十分であることを注意する必要がありますが、彼は自信を持って大人です。私は、道路を横断子を参照してください。私は同じことを思い出させる必要があります。彼が懸念されているので。それが成長しないことを示します。呉は、私が何のためにそれを行うと述べた。それは合理的ではありません。


[flys2.jpg]


座りがちな生活。
金 - 月曜日に学校でコー​​ルド帰る金曜日。第二に、私は学校と日曜日に戻ります。一般的な時間は、彼らがすべてで補われる。それがが原因でした遅い場合、それが指示されます。それは、人々は時間に正確ではないことを前提としています。私は家に帰る必要があった。私は死んだ、そしてもちろん24時間、しかしそれはことはなかったしていた場合。しかし、それはより多くの中に埋め込まれている


その頭のてっぺんからつま先まで、他の当事者。
全13のマシンは、非プライベートの特定のセットを持っている。王室のタイトルのような強打、。警備員は制服を​​着る。これらのキットは彼の言葉チャイChalermpolの前で宣誓を取る。式典パレードはWallopのと呼ばれていました。あなたがそれを使用する場合は、申請を取り下げることということです。このシリーズは、彼についてです。そのほとんどは私たちになります。このバッグは3つの葉を持っています。学校のブックバッグの1試験。バッグ、バッグは、ジェームズボンドは戻って解決するために取る本や衣服の外のホームのフライトバッグ(袋)です。私はクラスの各年の実際に右ではなかったとして、非常に短い時間である必要はありません。しかし、人は非常に重い練習しなければなりません。我々はダニエルムーアクリーンを見て心配する必要がある場合、それは時間がかかる場合があります。原則として、ありません。しかし、ハードトレーニングなら、もはやそれを残す、それが味(証明されていない)にとって有害となる。


[flys6.jpg]
右上:4年目エンジニアリングへNNAがんとロバート(マック)の素晴らしさ。
左下:。NNA Aisr Watchara豊富な曲(タイトル)、および機械工学のPiืすなわち5。
右下:NNA航空機工学の5年間で事務総長マンゴードリンク(Bambs)。。


最も厳しい規制。
これは高齢者に優しいです私はそれを尊重しなければならないことです。それを尊重する必要があります。それを感じるように。私はケアを提供する必要があります。とで私を尊重。私は私を教えることがない場合。重要なのはもちろん、ここではないことから感情です。それは自分自身への罰則を呼び出すように教えられたので、多くのがあります。肉は、キックやパンチを許してはならない、とここでそれが食べている、私たちは机を持つことになります。私が座っていたという問題があった場合。それは私の机に適合していない、と5は私がクラブで食事しようと思ってそれを取得します。私はそこに食べているので。何が私の先輩ですが、実際は彼らはシニアで私に示されているです。ライスは、我々は5人が一緒に座って得るものである、時にはそれは非常に遅くなることがあります。これはどのような作品です。私は彼女を犠牲にしなければならなかった。その同じ伝統。私は食べるために米を持っていない場合。ほとんどの先輩、それが見直される場合があります。私はクラブが食べるために持っていることを想像。しかし、一部の人々は単にお金がない。




それは、それを食べる。私は私と一緒にルールに一致するように依頼?
水が到達しない場合は規制が緩和、しかしそれでも年間で食べる時間を持つことになります。我々は一緒に食べるが、それはProcessクラスのために異なっている食品は、シーンを(それがモバイル食品スクープである食べている食べ方があります。口に食べ物を運ぶために最初のユニットに対して直角)、それは席の3分の1を座って時間です。クッションは3つの部分に分けられます。私は1つのセクションに座っていた。私は彼の足をオフに働く。より高いあなたは立ち上がる。三年私はフットレストを必要としなかった。私はそれは同様に個々によると思います。それは、高速(ฮA. ...)5階に持っていることをお勧め快適になります。私は椅子を持って、脚が広がった。
[flys4.jpg] [flys5.jpg]
右:。NNA Hakrpants One(I)2年間のインダストリアルエンジニアリング。
左:。NNA Taywin(漫画)を知っており、土木工学の三年間。





女子寄宿学校の生徒なしでは生きられない?
それだけでとても悲しいです。それはそれです。私たちのすべての意味の範囲内それは私が女性であること、他の日ではない、私は毎回、彼らが出荷すると言った。私は家族の偉大な母になりたい。私は少しを選ぶだろう。多分それは単なる厄介です。時折、一部の女性は、まずそれを理解するように....何人かの女性は、しかし彼女のために待つ必要はありません...



汗と涙のネクタイ。
ドレスのハンドバッグが完了しました。学校にそれらを取る。それは家に帰る時間だ。バックNaiewrサイクリング。正常ではないイベント外。生徒の安全、空気クラフト。のは、学校に戻ってみよう。その後、このイベントから"ミルク"の歌は、誰もが患者を知っています。そしてもちろん、何もない、。トレーニング失望。どちらがそれを知らずに私たちのすべてに影響します。それは、その準備に吸収される。とどのような状況に直面することができる。最初、それは非常にホームシックでしたが、それは彼らの汗と涙が一緒に行くを手伝っているので、我々はすべての友達を持っている。
[flys8.jpg]
NNA。彼は、よくチェット(チェット)とコンピュータの3番目の頭に移動します。


空気士官候補生の生活。

午後5時30分、自動的にアラーム(音から、ができた)、そして運動。
シャワー、ドレスや個人的なミッションのスケジュールに午前6時。
責任の領域をクリーニングします。
19:10、食堂での朝食に行進。
それが始まった後8:00正午午前、フラグを尊重。
12:00〜13:00昼食のためです。その後研究が来た。
学校で13時から14時。

- - - - - - ミッション毎日 - - - - - -.




 

Create Date : 27 ธันวาคม 2554    
Last Update : 27 ธันวาคม 2554 20:01:44 น.
Counter : 316 Pageviews.  

I punched the air cadet.

he Royal Thai Air Force Academy are well known.

[flys1.jpg]

Distance between the center of Center Point Siam with many teens spent the rest of the evening on Friday. (And probably will do the rest, but I use it) I walk up sour Software, Inc. .. I think there are more vivid than ever before.
In the meantime, if you walk along the road outside the bus. Teenage boys may be seen around us. But dressed in uniform. Stand up straight like a neat row of the years.
There is no doubt in the strict sense of the student soldiers are like my I-mono eh?
I do! Teen Society Issue satisfy this thirst for their own curiosity. In addition, if you read this column to the end. Many people believe it .. (probably) never wanted to know. Will be impressed with the word "ideology" and "bold" the students are on the fence (gray) of the group, of course.

The Naval Academy are well known.
The school discipline. Teach leadership skills to all students. Apart from studying the same general tertiary education. But are subject to the military. General aeronautics. If we end up. Here are two of my degree. Is the science. And Engineering. Divided into six branches of Engineering Science 2, although it's not a real flight training. Everyone will be taught the basics about flying here. All students have five years before we have to go to school together, these four students finished his 2-year Preparatory Course at the Naval Academy last year, is 1-5 overall for the last 5 years (too long .. . but it's worth.)



[flys9.jpg]


Apart from the academic year?


There are many activities. Here are some good clubs. The first and most come with the main purpose is to tie relations between each of these student athletes were back to racing, but some universities do have a lot of great friends. Some went out to clubs and social development. The work to develop a school camp. Most clubs are willing to go. A fixed member. The club has often been shown to play Fancy Drill gun with a weapon at the Beach Music. A sword. World Children's Day Events at the end of the parade was Wallop. We just need to send a battalion, he joined the air cadet. And especially this year, the Air Force hosted the show before. Will have every year but this year the Naval Academy for the event. The atmosphere is sports related, but are not cadets. Military and police only. This year the ceremony will be held at Thammasat University (Rangsit Campus) since July 4, 2546 onwards. If anyone is interested, but to encourage the leak of these handsome ... (Liaison Air Naval Academy leave that job to open a large and very beautiful).


How to be a Nna.
4 m is required to complete before it the following year, a new education system will have three years Preparatory School Moo 4, then took a job application. The examination in five subjects like Franz Client is a new mathematics, physics, chemistry, English, biology, and there is no difference.


Number of each year.
Average year, 100 people have been over 18,000 views now have a single cent. In addition to pass the 5 subjects in the first round then. To the second round as well. Physical Education is swimming, running and pushing the city to pull up my shirt, and a final interview was with the body. The physical examination and up to 160 cm high.


Then the goal is to do something different.
A pilot school, we will have two parts. The main part of the pilots of the Air Force will accept only direct air cadet. We will have to go to another airline as a pilot with an annual fall of about 10-15 people, the rest would be split according to the various departments of the subjects studied.



[flys7.jpg]


Of information that many people may already know, but from now on will have access to the school that many people will be amazed.
In certain systems, but the younger generation.
Here we have a military school. We will be training with the cadet chain of command for grade 5 students will act as a parent is to control and discipline the younger generation to practice the discipline of the school. That is clear is that traditionally the younger generation but I have to respect it as a regular cleaning of the military already. We simulate the real life of a soldier here. Rank as the model year. In a line of soldiers who must have a row. Is that we will have people queuing to control the order of a year than in all of us. But if it's a good crowd in the school must have got out of line at all times.


To repair it.
He called me to improve discipline. The one I usually see a little harder. Based learning and training is one year senior to a minimum. It is only those who comply with the order. We train just as the first. It would be a good leader for them. Must be met before the second year we started to pay out more. Give some ideas. Discipline is one of the year is actually lower than the senior class, we will take care of it with a layer 5 to layer under the direct supervision. It is a position of superior students. For example, a battalion chief is a battalion. Squadron Leader. The battalion will have that. Some of them are in the category of two battalions, one squadron and so on. Which is a division chief. Head of Division is directly responsible for this division is responsible for the two companies would then be a troop leader for division. Suppose there are two sections to take care of the two categories. I have another one battalion chief.


[flys3.jpg]


Even higher. Will have more rights?

There is clearly a matter for the other five shorts in blue. But the 5th floor is white with a trainer if you fold your arms and hat, this is a level 4 and 5, the third is long, but the hat, but the layer 2 and 1, it will be long but the hat is. Fiber is also a road like Hmwkehlek we learn more. "The road for us Holy Hill," which was only 5 for the other classes have no right to walk around the building, although there was a detour.


Authorization to the younger generation.
The senior will be defined. The younger generation is behaving properly. It is divided into two parts together first. Period 2. The proper behavior is to get it right the first such move in the first class will be run alone. What it does not match up. (For example, I turn) must be kicking around the scene before the parade to show that it is not mandatory. Or order in any way. It implies a responsibility for themselves. That you will respect my own. It is not necessary to have a look. The supervisor is not there. If you are honest with themselves. I was honest with the nation. We say that the glory (the I-mono argue that while the team was to consult their superiors, even if you do not look or turn away, we saw the other students were respectful of the dignity of their own to be honest. In compliance with the rules).


What are the rules, then it makes sense that I do not I?
The first layer may have this feeling. It is at this point (level 5) the time comes to talk, it would be hilarious jokes and it was a year ago and some things we just do not understand why. But we are five years we will know we are not the why. All actions are reasonable. As a child I have another point of view. It is like walking across the street for it. As a child I do not understand. Why adults need to be careful that we are so well enough to know what to do, but he is confident adults. I see a child crossing the road. I have to remind the same. Because he is concerned. It indicates that it will not grow. Wu said that I do it for nothing. It is not reasonable.



[flys2.jpg]


A sedentary lifestyle.
At school on Monday - Fri Cold back home Friday. Second, I will go back to school and the Sunday General time they will make up at all. That was due to If slow, it will be directed. It assumes that people are not punctual. I had to go home. If I had died and 24 hours of course, but it was not that. But it's been embedded in more


That the other party from head to toe.
All 13 machines have a certain set of non-private. Wallop, such as the royal title. Guards dress uniform. These kits take the oath in front of his word Chai Chalermpol. The ceremonial parade was called Wallop. Is that if you use it to withdraw the application. This series is about him. Most of it is to us. This bag has 3 leaves. 1 study of a book bag to school. Bags, bags, James Bond is back home flight bag (bag) out of a book or clothes to take to solve. As I was not really right for each year of the class need not be a very short time. However, one must practice quite heavy. If we must be concerned to see Daniel Moore clean, it can be time consuming. As a rule, is not there. But if you train hard, leave it longer, it would be detrimental to the flavor (not proven).


[flys6.jpg]
Top right: Nna. Cancer and splendor of Robert (Mac) to Year 4 Engineering.
Bottom left: Nna. Aisr Watchara extensive song (title), and mechanical engineering Piืie 5.
Bottom right: Nna. Secretary General mango drinks (Bambs) at 5 years of aircraft engineering.


The most stringent regulations.
This is senior-friendly is that I have to respect it. Need to honor it. To feel it. I need to provide the care. And honor me with. If I do not have to teach me. What matters is the emotion out of you is not here, of course. Many are there because it was taught to call penalties on themselves. The meat must not be allowed to kick or punch, and here it is in the eating, we will have a desk. If there was a problem that I was sitting. It does not fit my desk, and 5 will get to it I am going to eat at the club. Because I have been eating there. What are my senior, but the fact is they have shown to me by a senior. Rice is the one we get 5 people to sit together, sometimes it may be very slow. This is what works. I had to sacrifice her. That same tradition. If I do not have rice to eat. Most senior, it may not be reviewed. I would imagine that the club has to eat. However, some people simply have no money.




That eat it. I ask them to match the rules with me?
If the water does not reach the regulations will be relaxed, but still have time to eat by year. The food we eat together, but it will be different for the Process class has a way of eating is to eat a scene (it is a mobile food scoop. The right angles to the first unit to transport food into the mouth), it is time to sit down one-third of the seats. The cushion is divided into three parts. I was sitting one section. I work off his feet. The higher you get up. The third year I did not need a foot rest. But I think it depends on the individual as well. It's good practice to have a fast (ฮa. ...) fifth floor will be comfortable. I have a chair, legs spread.
[flys4.jpg] [flys5.jpg]

[flys8.jpg]
Right: Nna. Hakrpants The One (I) 2-year industrial engineering.
Left: Nna. Taywin know the (cartoon), and three years of civil engineering.





Can not live without the girl's boarding school students?
It's just so sad. That's it. Within the meaning of all of us Is not it the other day I was a woman, I said that every time they ship. I want to be a great mother of the family. I will pick a little. Maybe it's just awkward. Occasionally, some women come to understand it first .... Some women do not have to wait for her but ...



Ties of the sweat and tears.
Dress handbag has been completed. Take them to school. It's time to go home. Naiewr cycling back. Outside the event that is not normal. For the safety of students, the air craft. Let's go back to school. Then the singing of "milk" from this event, everyone knows about the patient. And nothing, of course. Training disappointment. Which will affect all of us without knowing it. It is absorbed into their preparation. And able to face any situation. First, it was very homesick, but we all have friends over because it's helping with their sweat and tears go together.
[Flys8.jpg].
Nna. He moves well, Chet (Chet) and the 3rd head of the computer.


Air cadet life.

5:30 pm, the alarm automatically (from the sound, but could), and exercise.
6:00 am to shower, dress and personal mission schedule.
Clean the area of ​​responsibility.
7:10 pm, march to breakfast at the cafeteria.
8:00 am to noon, respect the flag after it began.
12:00 to 13:00 am for lunch. Then came the study.
13:00 to 14:00 at the school.

- - - - - - Missions each day - - - - - -.




 

Create Date : 27 ธันวาคม 2554    
Last Update : 27 ธันวาคม 2554 20:01:12 น.
Counter : 162 Pageviews.  

初飛行。 競馬場での蓮池。2

....

両国のフランス領インドシナへの飛行。
2473年12月31日に、防衛省は、3機の航空機と航空機Bripatrの答礼訪問と中将チャオプラヤChalermとしてハノイでフランス領インドシナの政府に提供するためにタイ政府の手紙を命じた。航空航空のディレクター。などの制御、旅行経路、空港 - ナコーンラーチャシーマー - ET - ナコンパノム - ヴィンセントハウス - ハノイ

インド行きの航空券
防衛省、インド政府の招待の手紙の外務省の2472年11月23日環境省で。私たちは、国王陛下プラジャディポクの政府を招待。政府としてインドを訪問する軍用機を送る。国防省は、招待を受け入れた。部門は、航空機、航空機エンジン、独自の航空機の設計の航空機工場Bripatr 3部を送付しなければならない。 2472年12月22日にインドへの渡航が、トランスポート(ミスターロイヤルEnrmitr中尉のディレクターの平面。
ロイヤル城)、事故はUthaiターニのジャングルの州になっている必要があります。 2つのプレーンのニュースに戻って飛ぶ必要があります。防衛省は、2472年12月24日に新Bripatr 2にルートを飛行機を送信しました。バンコク - ヤンゴン - アップと今後 - コルカタカルカッタ - アルドーハとアーメダバード - デリー。デリーへ。インドは2472年1月1日上および2472年1月23日に2472年1月10日にバンコクでタイに戻った。

陸軍空軍を強化。
2480年4月9日に防衛連隊省は、防衛大臣に空軍の報告書として育てられた。
2480年4月27日に優雅にグループの船長を与えるために満足している
医療専門家のぼろฤษฎ秒(マハミュニSantna)、芸術および潜在的なブランドの品質(忠実と彼女の綿)の空軍司令エアチーフ空軍司令官、空軍の空軍の副主任の副所長のディレクター。グループのキャプテン戦争に確認してください。空軍のスタッフとスタッフの空軍チーフ。

空軍の戦闘作戦。
フランスのインドシナ紛争。
フランスのインドシナの紛争で空中戦闘の操作。空軍の戦闘作戦。空気中の戦い。海と空軍の優秀な評判を回復するために土地の戦闘による攻撃のターゲットに。空軍はロイヤルメダルを杜ษฎimala針three勇敢な将校を受信し、受信されます。氏はトランプは24ドル。

アジアでBurapha戦争。
2484年12月8日午前に日本軍は軍事力で国を侵略した。特に東側の。日本の航空機の近代化。 (この攻撃で航空機)攻撃Watthanaナ空港。ディビジョンIと他の空港の建物が被害を受けた。と他のひとつです。第5艦隊の県で。多くの日本兵は、押収した。フリート5は、彼はあまりにも少ない空気であり、翼の指揮で約120人いた兵士ママルアンWAのゲートウェイが会社を立って、真剣に四人が負傷している、残りは政府が発注停戦するまで会社を立っていた。

朝鮮戦争。
2493年9月22日に、優雅に国連との戦いに参加するために軍隊を送信するためにそこに満足している。朝鮮戦争の場合には。陸軍はこの戦争に参加する特別な機会を確立していることの3台があるということです。
エアフォース1。部。ギャリソン。
国連の練習。 22日にその最初のミッション以来、2493年10月には2514に設定します。
(2)空軍病院。 12月26日にその最初のミッション以来。
シリーズ29の2493の2517で。
(3)航空輸送。それは2519年7月24日に設立された2494年以来の最初のミッション。

ベトナム戦争。
2507年7月21日に内閣はベトナム共和国政府に軍事援助の原則を承認していた。空軍はパイロットとベトナム共和国で動作する17人のスタッフを送って承認した。 2507年9月29日に国からの出発では、このシリーズは飛行ユニットと呼ばれています。ベトナムの33ウィング空軍共和国における413th要撃飛行隊と連携して航空機B.l. 2(C - 47)飛行する"飛行Wiktarieは"(勝利)、内閣府は3閉じる月に決議を可決した。ユニットのWiktarieに空軍のパイロットとフライト役員のための0.2507。米国空軍の戦術輸送空気19の艦隊を操作することにより、2509年7月29日B.l. 4(C - 123)で飛行する航空機。と19戦術空軍、米国と一緒に空気輸送機の動作。と7つの一連の作動は、上記の様々な戦争で動作することに加えて2514年12月15日にタイに戻ってきた。また、共産主義の統治の間にラオスとカンボジアでの航空作戦にパイロットを送信した空軍は、両国を使用して一般に広がったという。

海外からの援助。
タイ政府は、韓国に軍隊を送ることにしたので。国連軍に参加へ。タイ政府への軍事援助のための米国の要求。 2493年9月に米軍を支援するために諮問委員会、大佐マックからなる第、以下海軍N.t.フェイとN.a.ビーチの陸軍の最高経営責任者の頭。ロック空軍のチーフ。契約書の署名と2493年10月17日にタイに来た。援助付き。米国への総理大臣元帥Pibulsonggramの大使によるタイへの米国の軍隊。当時のアメリカの大使。とタイは、米国からの軍事援助をしている。モデルによって17(F - 86F)等で16(F - 84G)で11(T - 33)航空機での飛行訓練などの空軍のためのナンバーワン、そして航空機であった。空軍はまた、研究と実践への友好国からの支援を受けた。そのような空気中の海軍士官としていくつかのプロジェクト。空軍とスタッフ大学。コマンドとスタッフの大学と米国の国家。日本のオーストラリアで。ドイツ連邦共和国、イングランド、韓国。ニュージーランドで。インドネシアフランスマレーシアフィリピン。とインド。

本社の空軍の移転。
今年2517年は、政府は、空港のエリアの西側を使用するために必要です。国際空港を開発する。空軍は2526年3月22日に空港の東側に、すべてのユニットの終了時に、その新しい位置に移動しました。

空軍記念碑。
2463 BCを、最初のものは正式に年間2491空軍まで、"パイロットへの記念碑"として知られている名前を出さないように造られた - 空軍の記念碑は、2460年頃に建てられました。本社ビルに加えて。を見て、小さな、美しいと元々建設されたファブリック。誰かの記念碑。あなたが場所にない可能性があります。どのような名誉。空軍は、土木工学科を割り当てています。市民政府の省にお問い合わせください。適切な処置を決定する。ところで、記念碑が解体されて破壊されない。記念碑は、レンガで建てられたと覆われたプラットフォームは、途中のコンクリートの階段に約2メートル、幅約1メートルに地面から記念碑のベースの高さに充填された - という4つの領域に。 "空軍の記念碑、"今年後半に2526年空軍は本社の空軍を移動した。西側から空港の東側に。建設で現在はどれですか。新しい空軍の署名。記念碑を構築するために割り当てられた空軍。本社の前で。とオリジナルの記念碑の骨として2526年3月24日(木曜日)を予定しています。新しい記念碑に含まれています。そして2526年3月27日(日曜日)、空軍のメモリアルデー。新しい空軍の開会式に加えて。より多くの骨を充填ありました。

記念碑や記念碑の作成、空軍の親。
今年2456年で、車の中で陸軍元帥王女マハーウォントンナイパンChakkraphongとして。私は彼が離陸のための部門を確立する意図を持っている2456世界Pitsanuにおける市民サービスの部門で凝視。そして彼は過去の航空事業の成長を促進すると主張する。空軍は、記念碑は、像の彫刻が作成されています。彼は民間航空局の前に銅像が立っていた。 (タイの空港公社)と半分の像。 Pl.a.t.チャオプラヤChalerm空気。芸術と工芸右N.a. Ewhas王子。これらの3つの種は、タイで航空事業の基盤と成長を築いたN.a.王子が高騰している。特に、空軍。に祀られ空軍記念碑の東側のスタジアムでと記念碑が年内に2526年に記念碑がタイの空港庁に寄贈された2500年3月27日に発足した。空軍が作成しています。 "元帥殿下王の家族の記念碑。車の中でプリンスPongsak Phuwadeeの教会。私は人々の尊敬する"公共Pitsanuの世界の車の部門で凝視、軍の空気のように彼の名誉を賞賛。 "ロイヤルタイ空軍の父は、"空軍本部に鎮座。もともと東の空軍の体育館で祀られていたと前駆細胞の記念碑、3、。 (チャンスポーツモデルの研究)"空軍の親は、"海軍士官学校は現在、空気中に安置されていること。

HRHの王碑母への王国の王子。
母親への王国の王子。彼は彼の貢献のAenkonantsを持っています。彼は観察していた。ロイヤルは少し大きいです。定期的に永続性のものと業界。不幸からすべての人々の市民の権限。彼は診療所のボランティアを設立。荒野の人々に医療や健康支援。空軍は、最初から医療ボランティアの弁護士業のために航空支援を提供してきました、そしてあなたが偉大な恵みと慈悲を覚える必要はありません。空軍は、母への王国の王子に王の記念碑に一体化されています。銅像の前で銅像を鋳造し、空軍の司令官を召喚。国王陛下。彼はその王の皇太子を宣言して喜んでいた。その代わり、彼は快く承諾した。彼は王の記念碑をオープンしました。母親への王国の王子。 2539年11月21日(木曜日)で。

空軍今日。
空軍は、空軍が空軍を準備するための責任がある"という国防法、2503年の省を整理する使命を持っています。と王国のを保護しなければならない。空軍司令官の司令官が責任を負います。"
空軍は、空軍の公式を持っています。政府機関および空軍の任務とする。最高司令部本部国防省、それが簡単に5つのセクションで行うことができるように義務の下に代理店のグループによって2538年。

(1)司令官は、様々な政府機関の管理監督を担当しています。
関係者と従業員。と空軍とその使命の使命に従ってください。
他の政府機関は、空軍の任意の特定の司令官を割り当てられていない。監督者の責任。
- 空軍(Sn.lk.ta.)の長官室。
- (Sb.ta.)空気をスキップ。
- 空軍要員(Kp.ta.)学科。
- 空軍ニュース(Kw.ta.)学科。
- 空軍のオペレーション科(Ik.ta.)。
- 空軍ロジスティクス(Kb.ta.)学科。
- 空軍のアカウントの長官室(Spch.ta.)。
- 空軍インスペクタ(Hr.ta.)学科。
- 情報技術の空軍Office(St.ta.)。

(2)戦略空軍の力。空気の力と空気戦略空軍を運用地上管制システムを担当しています。空軍を遵守してください。戦略空軍の司令官。スーパーバイザーが担当しています。組織です。
- 本社。
- 1(Pl.b. 1)における航空事業部。
- 航空ディビジョン2(Pl.b. 2)。
- 航空事業部3(Pl.b. 3)。
- 航空部門4(Pl.b. 4)。
- エアオペレーションの制御(Cpa.)。
- エアヨーティン(FDA)の司令官。
- 航空の学校(フライトRrの。)。

と3。空軍の司令部を含む戦略的なサポートサービス、。空軍が要求するすべての物流責任。空軍の支援の司令官。スーパーバイザーが担当しています。組織です。
- 本社。



組織です。




 

Create Date : 27 ธันวาคม 2554    
Last Update : 27 ธันวาคม 2554 20:00:20 น.
Counter : 163 Pageviews.  

初飛行。 競馬場での蓮池。

初飛行。
競馬場での蓮池。

空軍の歴史。
初期
タイでの運航。の治世に始まったモンクット王は、それは氏チャールズヴァンエデンボーン(チャールズヴァンデン生まれ)ベルギー人は、おそらく飛行アンドレマリーファー、4(ヘンリーファルマンIVを撮影した2454年2月6日にあった宣言する。タイで初めて画面上)、2階建ての翼航空機。競馬場での蓮池。 (ロイヤルバンコクスポーツクラブ)、途上国、フランスの航空宇宙元帥王女ロイヤルファミリーの間に、彼女はC​​hirasit歴史をお勧めします。クロムルアンNakornchisri正確なデット。防衛とロイヤル元帥大法官王の家族の省。車の中でプリンスChakrabongse Phuwadee。私は市民サービスPitsanu世界の学科で凝視。スタッフのチーフ彼はそれが重要だと思った。と国の必要性。航空機は、国防総省の同防御がビジネスのアイデアは、陸軍の航空機の一部門である確立している必要があります。軍はフランスの航空学で勉強するために三人をリクルートしてきた。
1愛のサルの主な武器(Suneeライトプロジェクト)。
(2)ロイヤルアームの船長はそれを読んでいる(私はシンフェインbをやった)。
(3)中尉のティップ紙幣発行。

これらの3つの役員はフランス人で航空学を勉強している間。防衛省は、フランスから注文しました。防衛省だけでなく、フランスで開催された8から1まで、これらの航空機、軍用機の両方と三人のサロンでの航空機。その後、タイに送信されます。その役員。タイの最初の3つのパイロット。

航空部門の設立。
卒業し、2456年11月2日にタイに戻ったthree役員の後に国防総省は、将軍のコマンドであることが2456年の12月に設立された"フライト部門"を設立しました。神の家族は彼女が欲しい。仏陀Chaiyaは、組織を階層化。飛行訓練の形成の面でビジネス航空の基盤となる3人の先頭にある航空と軍事における陸軍インスペクタヨーティン最高裁クンPetch壁の力学の一部門。と技術。その後で次のように賞賛されている"空軍の親。"

空港路に位置。空港で最初のテスト飛行は、睡蓮の池は、2456年12月29日に、ミスタープリンスの将軍PANU王子部インスペクタは、陸軍と海軍監察官、そして氏王Boromの家族を研究することがあります。彼女の家族。車の中でプリンスChakrabongse Phuwadee。私は部門Pitsanu世界を凝視。
スタッフの市民サービスのチーフで彼の存在は、省当局者が訪れていると述べた。と一般市民だけでなく、人々。たくさんアクセスしてください。

空港として陸軍の飛行隊の部に飛ぶ。タイにおけるビジネス航空の成長。それは容易ではないと渓谷に限られているので競馬場は空港の隣にある蓮の池です。ドンムアン地区での空港へ移動。内陸の水がフラッディングしません。どちらも、市内から非常に遠いです。あなたは初期の2457年国防省にそう、年間を通じて飛行中の永久的な空港を設定することができます。それは陸軍Ekiikkai省に指示した。格納庫の建設や空港でのこのような住宅、格納庫、空港等のような構造とプロパティが既に成功している。陸軍のEkiikkai省。それは、空気の主中尉を祝うために場所を与えた。新施設は、航空部門に位置しています。航空部門とドンムアン地区に移動。 2457年3月1日からは、2457年3月17日に完了し、その間以来、操業を開始している。
元旦、4月1日から2484年1月1日に変更した政府は、今年2483年は4月1日から2483年12月31日まで、環境省は9ヶ月です。防衛の。順序は、航空部門を確立するために2457年3月27日付。 "軍事部門"と三番目は、軍司令官の艦隊です。艦隊の副司令。
エアお祝いの1。中佐。ウィングコマンダー。
武器の2氏が主の読書。アシスタントウィングコマンダーとして。
(3)キャプテン高騰王室の大虐殺アシスタントウィングコマンダーとして。

陸軍飛行隊。
(3月27日2457から18 2461年3月)。

防衛省

スタッフのチーフ

インスペクタのエンジニア

陸軍飛行隊。

翼の飛行学校の施設。

ラーマVI。ビジネス航空の空港を訪れた。
2459年12月2日国王ラマ6世で。ロイヤル陸軍飛行隊をご覧ください。パレードは、空気を見た。植物のフライドネック。とフライトスクール。寮に行って昼食のために料理を食べる必要があり、その後は列車が王宮に来る前に訓練するためにバンコクに来ている。彼は中将主に王の勅命が彼女の家族が欲しいです。仏陀Chaiyaは、組織を階層化。軍の最高ヨーティン監察総監のクンPetchの壁が彼を次のようになります。
"今日、私は見てきました。艦隊の活動は非常に好調に推移している。この世界の彼がいました。非常に難しいもの。タイの人々は、しかし、彼らは本当の真実かも出てくる。他人に頼らずに。私は、満足と感謝を得る。一番下の階には、お互いを引き継ぐために権限を有するので。"

陸軍飛行隊は2459年の戦略のコンテストに参加した。
2459年2月の終わりの間の年に。 3月上旬まで。陸軍飛行隊。軍関係者の家族との対決の戦略に参加し、彼女は創世王ホワイトは言った。車の中でプリンスクロムルアンChakkraphong Phuwadee。
Pitsanu車の中で公共の視線。スタッフのチーフ彼はこの大会での戦略のディレクターを務めていた。

第1次世界大戦の知事。
2457年8月に第1次世界大戦、ドイツ、オーストリア、ハンガリーの間に中央同盟国は、パートナーの一つ、イギリス、フランス、ベラルーシ、モスクワ、戦争の初期段階の一つです。彼は気付いた年2460に向けて国王の政策上の国王ラマ6世、。戦争まで中立を維持するために。私は何の効力もありません。彼は、タイとの戦争に参加する彼の願いを持っています。それは同じように国際社会に重要です。最終的には、タイが受け取る利益の考慮後。彼は密接に状況を検討してきた。彼は2460年7月22日に中央同盟国に宣戦を布告し、派兵を志願して。ヨーロッパの同盟国との戦争で政府。陸軍飛行隊と陸軍の地上部隊の連隊のボランティア、約1250台は大佐のための予算を持っている。ボランティアの軍事力、そして氏の主な高騰種(蜜の紙幣発行)としてウィングコマンダーです。軍、特に陸軍の飛行隊、約400人、権力が連合国に降伏するように戦争は、2461年11月11日に終了したの割合。そして彼らは停戦協定を締結しました。 15未満ではない、戦争がバンコクに戻って、タイ政府は西部の病棟への新規アクセスを含むように新しいタイプを注文した後、サロンで、合計24と空軍の強固な基盤です。

陸軍の航空機部門。
陸軍飛行隊を促進するため2461年3月19日付けの防衛省のため、。 "陸軍航空学科"、そして軍の航空機の部門。組織です。
(1)陸軍飛行隊が。
陸軍航空の2校。
陸軍の航空機部門の3施設。

陸軍航空の航空機の名前を変更する部門。
国防総省のために考慮する。空軍力は、軍事戦略ではないだけです。しかし、このような商業航空宇宙、輸送、等軍の名前など、その他の事業の広範な関心が寄せられている。それは適切ではありません。と確立された目標を満たしていません。国防総省は、と"軍の翼""航空の"Aと"ビッグウィング"名前"陸軍航空学科を"解決するために2464年12月1日付の命令を出した。

自分の機体を構築する。
陸軍飛行隊が空気のお祝いの中佐として設立されたとして飛行が提起されるまで部門が設定しているので。ウィングコマンダー。と考えているタイの陸軍飛行隊の機体は8単位です。動作と飛行訓練は毎日、毎日が台無し、と修復するのは難しいだろう。スペアパーツの供給。タイで見つけるためにツールや他の機器。それが構築され、実験機は彼ら自身に空気のお祝いの2458年5月24日中佐で一日に数回を構築されています。
陸軍飛行隊を強制的に。実験は、複葉機の飛行機械のサロンに行った。陸軍飛行隊の工場。正しい比率を確立する。木材の様々な航空機の胴体。との国の材料が実現しています。
2(ページの上部に15平方メートル)と航空機2465で。
3(フロップ)で航空機を構築するために2466。
2467年の4で航空機(デラ電子ページの上部に)。
2470年のデザインと爆撃機、タイプ2 Bripatrを構築する。最初のタイの人々によって設計され建設されました。このモデルは、多くを築いてきました。インド行きの航空券。と近隣諸国が友好関係を発展する。
2472設計および構築航空機その5(プラジャディポク)。
航空機の投与後。空軍として。と空軍それぞれ。彼らは次のように構築されています。
2479年は29機の1(首マルセイユV 93)で攻撃する/パトロールする。
2480年の25機の10の最初のバッチで1の攻撃/パトロール、2、および25機の合計。
2482航空機と別の25〜10、バージョン2。
12マシン用の2515から0.4チャンドラ織りトレーナー。
0.5 2517年、繊維機械の試作品。
ライン川からフルトン道路〜18 / Fでの著作権2525航空機及び飛行訓練(私のトレーナーは)ドイツ連邦共和国をバインド。約25機を生成します。

海外の飛行機旅行。
1のフランス領インドシナへの飛行。
2465年10月22日に政府はフランス領インドシナへの訪問を飛ぶ飛行に4機を与えている。その国の政府の配慮は、タイを訪問するために飛行機を送った。 2464年7月22日以来の、そして花輪や記念碑の碑文、ハイフォンの空港で第1次世界大戦で戦死したフランス軍兵士の記念碑で表現されます - ナコーンラーチャシーマー - ET - ナコンパノム-.サウスウィンザー - ハノイ

....




 

Create Date : 27 ธันวาคม 2554    
Last Update : 27 ธันวาคม 2554 19:59:11 น.
Counter : 156 Pageviews.  

Royal Thai Air Force history.

The first flight.
Lotus pond at the racecourse.

Chief of Staff
The trial was over.
The military said the three studies.
Aeronautics in France.
Certificate of Education.
Aeronautics

Teachers and students to fly the model.

New items in the top flight.

Flight out.

Army Flying Corps.

Department of Aviation.
Don was in 2457.

His Majesty King Rama 6 Bangkok International Airport.

To fly to the airport.
Progenitor, the Air Force.
2457 Uniform Act.


To change the uniforms.
From green to gray.
The rank insignia.
The Air Force.
The Air Force today.


History of the Air Force.
Initial
Flight operations in Thailand. Began in the reign of King Mongkut proclaim It was on February 6, 2454 Mr. Charles Van Eden Bourne (Charles Van Den Born) Belgians have taken flight Andre Marie Farr, perhaps 4 (Henry Farman IV. ), 2-storey wing aircraft on display for the first time in Thailand. Lotus pond at the racecourse. (Royal Bangkok Sports Club), while the developing countries, the French aerospace Field Marshal HRH The Princess Royal family, she might want Chirasit history. Krom Luang Nakornchisri exact Det. Ministry of Defence and Royal Field Marshal Lord Chancellor King's family. Prince Chakrabongse Phuwadee in the car. I stare in the Department of Civil Service Pitsanu world. Chief of Staff He thought it was important. And the need for the country. The aircraft must have the same defense in the Department of Defense has established a business idea is a division of Army aircraft. The military has recruited three people to study at France's aeronautics.
1. Major weapons of love Sal (Sunee Light Project).
2. The captain of the Royal Arms are reading it (I did Sinn b).
3. Lieutenant Thip note issue.

While these three officers are studying aeronautics at the French. Ministry of Defence has ordered from France. The flight out of the aircraft wing, second floor, with 3 new items to the list of one wing of the fourth and Poebs Divided (The moist forgiven Wong) is a private donation. Aircraft in the Salon to the Ministry of Defence as well as 8 to 1, both of these aircraft, military aircraft and three people who were held in France. Then sent to Thailand. That officer. The first three pilots in Thailand.

The establishment of the aviation department.
After the three officers who graduated and returned to Thailand on November 2, 2456 The Defense Department has established a "flight department" established in December of 2456 to be in command of the generals. God's family want her. The Lord Buddha Chaiya tiered organization. Department of Army Inspector Yothin Supreme Khun Petch wall mechanics in the aviation and military affairs at the beginning of the 3 people that are the foundation of business aviation in terms of the formation of the flight training. And technical. The later has been hailed as "the parent of the Air Force."

Located at Airport Rd. The first test flight at the airport, water lily pond on 29 December 2456, Mr. Prince's Gen. Panu prince Department Inspector might want to study families of Army and Navy Inspector General, and Mr. King Borom. her family. Prince Chakrabongse Phuwadee in the car. I stare Department Pitsanu world.
In Civil Service Chief of Staff His presence has been visited by Department officials said. And civilians, as well as people. Visit a lot.

Fly to the Department of the Army Flying Corps as an airport. The growth of business aviation in Thailand. The racecourse is a lotus pond next to the airport because it is not easy and is confined to the valley. The move to the airport at Don Muang district. The inland water does not flood. Both are very far from the city. You can set up a permanent airport in flight throughout the year, so in early 2457 the Ministry of Defence. It has instructed the Department of the Army Ekiikkai. The construction and property such as houses, hangars, airport and etc. on the construction of hangars and the airport are already successful. Ekiikkai Department of the Army. It gave the place to celebrate the Lord Lieutenant of air. The new facility is located in the Department of Aviation. Aviation Division and moved to the Don Muang district. From 1 March 2457 has been completed on 17 March 2457 and started operations since the meantime.
New Year's Day, the government changed from April 1 to January 1, 2484, the year 2483 is only 9 months from April 1 until December 31, 2483 the Ministry. of Defense. An order dated 27 March 2457 to establish an aviation department. "Military Wing" and the third one is the military commander Fleet. And Deputy Commander of the Fleet.
1. Lieutenant Colonel of the Air celebration. The Wing Commander.
2. Mr. Major's reading of the weapon. As Assistant Wing Commander.
3. Captain soaring royal massacre As Assistant Wing Commander.

The Army Flying Corps.
(27 March 2457-18 March 2461).

Ministry of Defense

Chief of Staff

Inspector engineer

Army Flying Corps.

Wing flight school facility.

King Rama VI. Visited the business aviation airport.
On 2 December 2459 King Rama VI. Visit the Royal Army Flying Corps. The parade saw the air. Fried Neck of the plant. And flight schools. Must eat the cuisine for lunch and then went to the residence hall has come to Bangkok to train before the train came to a royal residence. He is the king's royal command to Lieutenant General Lord want her family. The Lord Buddha Chaiya tiered organization. Khun Petch walls of the military's Supreme Yothin Inspector General will be following him.
"Today I have seen. The activities of the Fleet has performed very well. Of this world he was. A very difficult one. Thai people, but they come out real well be true. Without relying on others. I get satisfaction and thanks. Since the lowest floor shall have the authority to take over each other. "

Army Flying Corps participated in the contest of the 2459 strategy.
In the year between the end of February 2459. To early March. The Army Flying Corps. Joined showdown strategy with military families, she said Gen. King White. Prince Krom Luang Chakkraphong Phuwadee in the car.
Pitsanu the public gaze in the car. Chief of Staff He was director of strategy in this tournament.

Governor of the World War 1.
In August 2457 the Central Powers during World War 1, Germany, Austria-Hungary is one of the partners, Britain, France, Belarus Moscow, one of the early stages of the war. His Majesty King Rama VI on royal policy towards the year 2460, when he realized that. In order to maintain neutrality until the war. I do not have any effect. He has his wish to join the war with Thailand. It is important to the international community as equal Eventually, after a consideration of the benefits that Thailand will receive. He has been studying the situation closely. He declared war on the Central Powers on 22 July 2460 and has volunteered to send troops. The government at war with the allies in Europe. Volunteer Regiment of the Army Flying Corps and Army ground troops, about 1250 cars have the budget for the Colonel. As a volunteer military force, and Mr. Major soaring species (nectar note issue) is a Wing Commander. The troops, especially the Army Flying Corps, about 400 people, a fraction of which the war ended on November 11, 2461, as the powers to be surrendered to the Allies. And they signed a truce. After the war returned to Bangkok, the Thai government has ordered a new type to include a new access to the West ward and in Salon, 24 total, not less than 15 is a solid foundation of the Air Force.

The Department of the Army aircraft.
Defense Ministry's order, dated March 19, 2461 to promote the Army Flying Corps. "Department of the Army Aviation", and the Department of Army aircraft. Organization is.
1. Army Flying Corps.
2. School of Army Aviation.
3. Facility of the Department of Army aircraft.

Renaming the Department of the Army Aviation aircraft.
Due to Department of Defense considers. Air power is not only a military strategy. However, there is widespread interest in other businesses such as commercial aviation and aerospace, transportation, etc. The name of the Army. It is not appropriate. And does not meet the established goals. The Department of Defense issued an order dated 1 December 2464 to resolve the name "Department of the Army Aviation" and "Wing of the Army" A "of aviation" and "Big Wing".

Build up their own aircraft.
Since the department has set up until the flight has been raised as an Army Flying Corps was established as a Lieutenant Colonel of the Air celebration. Wing Commander. Considers that Thai Army Flying Corps aircraft are only 8 unit. Operating and flight training every day, every day would be ruined, and difficult to repair. The supply of spare parts. Tools and other equipment to find in Thailand. It has been built and experimental aircraft built themselves several times a day on 24 May 2458 Lieutenant Colonel of the Air celebration.
Force the Army Flying Corps. Experiments were performed in a biplane flying machine Salon. The factory of the Army Flying Corps. Establish the correct proportion. The fuselage of the aircraft with a variety of wood. And materials in the country has been achieved.
In 2465 an aircraft with 2 (15 square meters in the top of the page).
2466 to build aircraft at 3 (a flop).
In 2467 the aircraft at the 4 (in the top of the page de la e).
The 2470 design and build a bomber aircraft, the Type 2 Bripatr. The first was designed and built by the Thai people. This model has built up a lot. The flight to India. And neighboring countries to develop friendly relations.
The 2472 design and build aircraft that 5 (Prajadhipok).
After the administration of the aircraft. As the Department of the Air Force. And Air Force respectively. They are built as follows.
2479 to attack / patrol at 1 (neck Marseille v 93) of 29 machines.
In 2480 an attack / patrol at 1, 2, and a total of 25 aircraft with 10 first batch of 25 machines.
In 2482 an aircraft and another 25 to 10, version 2.
2515 to 0.4 Chandra weaving trainer for 12 machines.
0.5 2517, prototypes of a textile machine.
Copyright 2525 aircraft and a flight training at 18 / F (my trainer) from the Rhine to Fulton Road bound the Federal Republic of Germany. Generate approximately 25 machines.

Air travel abroad.
Flight to French Indochina in the 1.
On 22 October 2465 The government has given out four aircraft to flight flying visit to French Indochina. Consideration by the government of that country sent a plane to visit Thailand. Since July 22, 2464, and is represented in the wreath and the inscription for the monument, a memorial to the French soldiers who died in World War 1 at the airport in Haiphong - Nakhon Ratchasima - Et - Nakhon Phanom -. South Windsor - Hanoi

Flight to French Indochina in the two countries.
On December 31, 2473, the Department of Defence has ordered three aircraft and aircraft Bripatr a return visit and the letter of the Thai government to deliver to the Government of French Indochina in Hanoi as a Lieutenant General Phraya Chalerm. air Director of Aviation. As a control, travel route, airport - Nakhon Ratchasima - Et - Nakhon Phanom - Vincent House - Hanoi

Flight to India
On 23 November 2472 Ministry of Foreign Affairs of the letter of invitation to the Ministry of Defence, Government of India. We invite the Government of His Majesty King Prajadhipok. Send military aircraft to visit India as the government. Ministry of Defence accepted the invitation. The Department shall send the aircraft, aircraft engine, the aircraft factory Bripatr 3 Department of own aircraft design. Travel to India on 22 December 2472, but the plane of the Director of Transport (Mr. Royal Enrmitr Lieutenant.
Royal Castle), the accident must be in the jungle province of Uthai Thani. The two planes must fly back to news. Ministry of Defence has sent a plane to New Bripatr 2 on 24 December 2472 the route. Bangkok - Yangon - Up and coming - Kolkata Calcutta - Al Doha and Ahmedabad - Delhi. To Delhi. India on 1 January 2472 and returned to Thailand in Bangkok on 10 January 2472 to January 23, 2472.

Enhancing the Department of the Army Air Force.
On 9 April 2480 the Ministry of Defence Regiment was raised as an Air Force report to the Minister of Defense.
On April 27, 2480 has been graciously pleased to give the group captain
The Medical Expert Ragsฤษฎs (Maha Muni Santna), Director of the Air Force Commander Air Chief Air Force commander of the art and potential brand quality (loyal and her cotton), Deputy Director of Air Force Vice Chief of the Air Force. The group captain Please check with the war. Air Force Chief of Staff of the Air Command and Staff.

Air Force combat operations.
French Indo-China dispute.
Air combat operations in French Indo-China dispute. Air Force combat operations. The fighting in the air. Targets of attacks by sea and land battle to recover the outstanding reputation of the Air Force. The Air Force received the Royal Medal Duษฎimala needle three brave officers and will be received. Mr. Trump 24 dollars.

Burapha war in Asia.
In the morning of 8 December 2484 Japanese troops invaded the country with military force. Especially on the east side. Aircraft modernization of Japan. (Aircraft in this attack) attack Watthana Nakhon Airport. Division I and other airport buildings were damaged. And the other one is. At the 5th Fleet Province. Many Japanese soldiers seized. Fleet 5, but he was too little air, and soldiers who were about 120 people in the command of the wing commander Mom Luang wa s the gateway has stood firm and seriously injured four people, the rest stood firm until the cease-fire ordered by the government.

The Korean War.
On 22 September 2493, there has been graciously pleased to send troops to join the war against the United Nations. In the case of the Korean War. The Army has established a special opportunity to participate in this war is that there are 3 units.
1. The Department of the Air Force. The Garrison.
United Nations practice. Since that first mission on 22 October 2493 set up on 2514.
2. The Air Force Hospital. Since that first mission on December 26.
In 2493 the series of 29 on 2517.
3. The air transport. The first mission since 2494 when it was set up on 24 July 2519.

The Vietnam War.
On 21 July 2507 the Cabinet had approved the principle of military assistance to the Government of the Republic of Vietnam. Approved the Air Force sent pilots and staff of 17 people operating in the Republic of Vietnam. In a departure from the country on 29 September 2507, this series is called flying unit. "The flight Wiktarie" (Victory) to fly the aircraft B.l. 2 (C-47) in conjunction with the 413th Fighter Squadron at 33 Wing Air Force Republic of Vietnam, the Cabinet passed a resolution on May 3 Close. 0.2507 for the Air Force pilots and flight officers to the unit Wiktarie. Aircraft to fly with B.l. 4 (C-123) on 29 July 2509, by operating with a fleet of tactical transport air 19 of the United States Air Force. And air transport aircraft operating in conjunction with the 19th Tactical Air Force, the United States. And operated through a series of seven have returned to Thailand on 15 December 2514 In addition to operating in the various wars of the foregoing. The Air Force also sent pilots to the air operations in Laos and Cambodia during the reign of communism would spread to the general IT uses two countries.

Assistance from abroad.
Since the Thai government has decided to send troops to Korea. To join the UN force. U.S. request for military assistance to the Thai government. In September 2493 the Advisory Board to assist the U.S. military, the first consisting of Col. Mack, less the head of the Army Chief of Naval N.t. Fay and N.a. Beach. Rock Air Force chief. Came to Thailand on 17 October 2493 with the signing of the Agreement. With assistance. Military of the United States to Thailand by Prime Minister Field Marshal Pibulsonggram Ambassador to the United States. American Ambassador at that time. And Thailand has been military assistance from the United States. By the model were number one for the Air Force as flight training at 11 (T-33) aircraft at 16 (F-84G), and aircraft at 17 (F-86F) etc.. The Air Force also received assistance from friendly countries to study and practice. Several projects such as the Naval Academy in the air. Air Command and Staff College. Command and Staff College and the nations of the United States. Japan In Australia. Federal Republic of Germany, England, Republic of Korea. In New Zealand. Indonesia France Malaysia The Philippines. And India.

The relocation of Headquarters Air Force.
Year 2517, the government is required to use the area west of the airport. To develop an international airport. Air Command was moved to its new location on the east of the airport and at the completion of all units on 22 March 2526.

Air Force Memorial.
Monument of the Air Force was built around 2460 BC - 2463 BC, but the first was built not to be named officially known as the "Monument to the pilot" until the year 2491 the Air Force. addition to the headquarters building. The fabric. Someone monument which was built originally as a small and beautiful to look at. You may not be in place. What kind of honor. The Air Force has assigned the Department of Civil Engineering. Contact the Department of Civil Government. Determining the appropriate action. By the way, do not destroy the monument was dismantled. The monument was built of bricks and covered platform was filled into the monument base height from the ground to about 1 meter wide by approximately 2 m into the concrete stairs on the way - into the four areas named. "Monument of the Air Force," later in the year 2526 the Air Force has moved its headquarters Air Force. From the western to the eastern side of the airport. Which is currently in construction. Signature of the new Air Force. The Air Force assigned to build the monument. In front of the headquarters. And is scheduled to Thursday, 24 March 2526 as the bones of the original monument. Are contained in the new monument. And Sunday, 27 March 2526, the Air Force Memorial Day. In addition to the opening ceremony of the new Air Command. There was more packed with bones.

The creation of the monument and the monument, parent of the Air Force.
In the year 2456, as Field Marshal HRH Princess Maha Wong Thong Nai Pan Chakkraphong in the car. I stare in the Department of Civil Service in the 2456 world Pitsanu he has the intention to establish a department for takeoff. And he maintains that promote growth in the aviation business in the past. The Air Force has created the monument is a statue sculpture. He stood a statue in front of the Department of Civil Aviation. (Airports Authority of Thailand) and a statue of the half. Pl.a.t. Phraya Chalerm air. Arts and craft the right N.a. Ewhas prince. These three species are soaring N.a. prince who laid the foundation and growth of the aviation business in Thailand. In particular, the Air Force. Enshrined at Air Force at the stadium on the east side of the monument and the monument was inaugurated on 27 March 2500 Later in the year 2526 the monument was donated to the Airports Authority of Thailand. The Air Force has created. "The Monument to Field Marshal HRH King's family. Prince Pongsak Phuwadee Church in the car. I stare in the Department of Public Pitsanu world car "in which people respect, admire his honor as a military air. "Father of Royal Thai Air Force," enshrined in the Air Force Headquarters. And the monument of the progenitor, and 3, which was originally enshrined in the Air Force Gymnasium in the east. (Chan Sport model's study) that the "parent of the Air Force," Naval Academy is currently enshrined in the air.

King Monument to HRH the Prince of the kingdom to Mother.
HRH Prince of the kingdom to the mother. He has his contribution Aenkonants. He had observed. Royal is a little big. Industry with the persistence thing regularly. The civil authority over all the people out of misery. He established a clinic volunteer. The medical and health assistance to people in the wilderness. The Air Force has provided air support for the law practice of medical volunteers from the beginning, and to remember the grace and mercy you are great. The Air Force is united to the King Monument to HRH Prince of the kingdom to Mother. Casting a bronze statue at the front of the statue, and summoned the commander of the Air Force. His Majesty the King. He was pleased to proclaim that the King's crown prince. Instead, he graciously consented. He opened the King Monument. HRH Prince of the kingdom to the mother. On Thursday, November 21, 2539.

The Air Force today.
The Air Force has the mission to organize the Ministry of Defence Act, 2503 that "the Air Force is responsible for preparing the Air Force. And shall protect the Kingdom's. The commander of Air Force commanders are responsible. "
The Air Force has the Air Force official. Shall be the duty of government agencies and the Air Force. The Supreme Command Headquarters Ministry of Defence, 2538 by a group of agencies under an obligation to make it easier to carry out in 5 sections.

1. The commander is responsible for administrative supervision of various government agencies.
Officials and employees. And follow the mission of the Air Force and its mission.
Other government agencies have not assigned any particular commander of the Air Force. The responsibility of supervisors.
- Office of the Secretary of the Air Force (Sn.lk.ta.).
- Skip the air (Sb.ta.).
- Department of Air Force personnel (Kp.ta.).
- Department of the Air Force News (Kw.ta.).
- Department of Air Force operations (Ik.ta.).
- Department of the Air Force logistics (Kb.ta.).
- Office of the Secretary of the Air Force account (Spch.ta.).
- Department of the Air Force Inspector (Hr.ta.).
- Air Force Office of Information Technology (St.ta.).

2. The force of Strategic Air Command. Are responsible for the air force and ground control systems operating air Strategic Air Command. To comply with the Air Force. The commander of Strategic Air Command. The supervisor is responsible. Organization is.
- Headquarters.
- Aviation Division at 1 (Pl.b. 1).
- Aviation Division 2 (Pl.b. 2).
- Aviation Division 3 (Pl.b. 3).
- Aviation Division 4 (Pl.b. 4).
- Control of Air Operations (Cpa.).
- The commander of the Air Yothin (FDA).
- School of Aviation (Flight Rr.).

And 3. The strategic support services, including the headquarters of the Air Force. Responsibility for all logistics required by the Air Force. The commander of the Air Force support. The supervisor is responsible. Organization is.
- Headquarters.
Centre - Categories (Skb.).
- The technical (Cha.).
- Department of the Air Force Communications (S.ta.).
- Ordnance Department of the Air Force (Sp.ta.).
- Department of the Air Force Electronic (At.ta.).
- The air patrol (Lwa.).
- Medical Department of the Air Force (Pa.).
- Department of Logistics, Air Force (Pt.ta.).
- The range of civil, military, air (Chi.ta.).
- The Military Air Transport (Ks.ta.).

4. Part of the Air Education Training Command. Have a duty to perform. Learn about the training of personnel of the Air Force as it is.
The Air Force. The commander of Air Education Training Command. The supervisor is responsible. Organization is.
- Headquarters.
- Department of Strategic Air Command (Is.ta.).
- Air Force Institute for Advanced Research (Sas.).
- Air Academy (Rr.na.).









To the public.
Ministry of Agriculture.

The Supreme Command Headquarters


And the environment.



And help people.

Brief History.




Considers that




 

Create Date : 27 ธันวาคม 2554    
Last Update : 27 ธันวาคม 2554 19:57:20 น.
Counter : 139 Pageviews.  

1  2  3  4  5  6  

อัยการวางโบยุน
Location :


[Profile ทั้งหมด]

ให้ทิปเจ้าของ Blog [?]
ฝากข้อความหลังไมค์
Rss Feed
Smember
ผู้ติดตามบล็อก : 1 คน [?]




จะลืมความฝันเดิม หรือจะแต่งเติมความฝันเก่า หรือจะอยู่เปล่า ๆ กับชีวิต..
Friends' blogs
[Add อัยการวางโบยุน's blog to your web]
Links
 

 Pantip.com | PantipMarket.com | Pantown.com | © 2004 BlogGang.com allrights reserved.